ルアンパバーン観光モデルコース【所要時間】【行き方】【入場】【注意点】

こんにちは!ラオスで活動中のさきこです。

ルアンパバーンって観光に何日かかる?
ツアー申し込んだ方がいい?
どこがおすすめ?

という質問をよくいただくので、
私が実際に友達を案内したモデルルートを紹介します。

有名なメイン観光地を回るなら
丸二日あれば十分です
ツアーに申し込まなくても簡単に回れます

おすすめは予定をガチガチに詰めずに
のんびり楽しむこと。

参考になれば嬉しいです。

観光一日目

午前中:プーシーの丘

入場料 :一人20000キープ
所要時間:1時間
アクセス:市内大通りに面している階段から。

階段を上ると
ルアンパバーン市内を一望できます。

夕方は混んでいるし昼間は暑いので
午前中がおすすめ

ワットシェントーン


入場料 :一人20000キープ
所要時間:1時間前後
アクセス:プーシーの丘から徒歩で行けます。

敷地は広くないです。
ルアンパバーンで一番美しいお寺と言われるワットシェントーン
ルアンパバーン様式と呼ばれる屋根に注目

午後:クワンシーの滝

とーっても綺麗な滝
欧米人は飛び込みしたり泳いだり。

費用 :トゥクトゥク1台で往復15万キープ
入場料一人20000キープ

所要時間:トータルで半日くらい
片道1時間
滝周辺散策1時間〜2時間

行き方:
道端にいるおっちゃんに声をかければ
その場で連れてってくれて
滝のそばの駐車場で待っていてくれます。

〇〇時間ここで待ってて
と伝えれな大丈夫

たいてい20万キープと言われるので、
値下げ交渉しましょう。

すきな時間に行って帰れるので
ツアーよりトゥクトゥクで個人で行くのがおすすめ

雨期ならセー滝もおすすめ(乾季だとが少ない可能性も)

クワンシーよりも規模はちいさいですが、
象に乗れます。

ローカルな人が多いのもこっち。
市内から30分くらい。

夕方ナイトマーケットでお買い物

ナイトマーケットは雑貨天国!
自分用のお土産はもちろんだけど、
安いので友達へのバラマキ用にもおすすめ。

ここも値下げ交渉してみよう。

夜ご飯は市内レストランで。
ラオス在住女子のおすすめ!ルアンパバーンで行くべきレストラン7選

ルアンパバーン観光二日目

朝托鉢見学

5時半~6時くらいにメインの通りにいくと見れます。

でも外国人でいっぱいなので
一本道をそれたお寺のそばで待っているのもおすすめ。

午前中〜 パークウー洞窟へ

費用:一人60000キープ
(ツアーを申し込まず、直接船着場に行った場合)

所要時間:半日

朝8時前にメコン川ぞいのボート乗り場に行けば船に乗れます。
途中布とお酒の村に寄ります。

午後は洞窟まで行ってくれない可能性があるので
午前中に行きましょう

ツアーを申し込んでも
ホテル送迎がついているくらいで内容は変わりません。

メコン川沿いではパークウー洞窟行きの
プライベートの船の勧誘もされるので注意。

午後〜 ルアンパバーン国立博物館へ

費用:一人20000キープ
所要時間:2時間前後

お昼11時半~13時半は空いてないので注意

夕方〜市内散策

マッサージもいいですね。
雑貨屋さん見たり
マッサージ行ったり
川沿いのカフェで夕日を見たり

ラオス在住女子のおすすめ、ルアンパバーンのお洒落カフェ5選

少数民族に興味がある人は民族博物館もおすすめ!

所要時間:1時間前後
費用:一人30000キープ

日本語の解説付き
カフェとお土産やさんも併設されています。

そのほかのおすすめ

 

UXOラオ

ラオスの不発弾処理団体。

サーンハーイ村

紙と布の村。
ローカルな雰囲気を味わいたい人
機織り、紙すきを見たい人

古都ルアンパバーン紙と布の村に行ってきた

ルアンパバーン観光のポイント・注意点

プーシーの丘は夕方が人気なのだけど、
人が多いので、昼間に登って、ゆっくり写真をとって
夕日見るならメコン川ぞいのカフェでのんびり見るのがおすすめ。

パークウー洞窟は、往復3時間かかる割にイマイチ、、
という感想の人もたくさんいます。

洞窟に期待しすぎず
のんびりメコン川クルーズを楽しむ気持ちで行ったらいいかなーと。

クルーズを少しだけ味わえればいいという人は
メコン川ぞいでボートの勧誘してくる人にお願いしよう。

「1時間いくらでボートに乗りたい!」
ってお願いすれば乗せてくれます。

値下げ交渉を忘れずに。

疲れたらカフェでゆっくりする、
マッサージに行く
いいホテルに泊まってのんびりする。

そんな過ごし方もおすすめです。

2 件のコメント

  • こんにちわ。子供たちを連れて家族4人でこの夏にルアンパバーンに観光に行く予定でいろいろWEBサイトを見ています。さきこさんのWEBサイトの情報はとても役立ちそうです。とても素敵なサイトですね。ますますルアンパバーンへの訪問が楽しみになりました。一応私も大昔になりますが青年海外協力隊のOBです。それでは。

    • こんにちは!コメントありがとうございます。OBの方にサイトを見ていただけて、お役に立ててとっても嬉しいです。家族でご旅行ということでとっても素敵ですね。また何かラオスに関して何かお役に立てることがあればいつでも言ってください。素敵な旅行になりますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    SAKKO

    1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス