資格がないOL女性が青年海外協力隊に一発で合格する方法

私はとくに資格も経験もないOLでした。
とくに目立つわけでも、なにか特技があるわけでもなし。
普通の人です。

そんな私でも合格することができて、いま途上国で活動できています。

派遣されて感じた合格できる方法を大事なもの順にお伝えします。
ポイントは面接官の立場になること。
そして2年任期を全うできそうかどうか、です。

(全て個人の見解です)
(合格を目的にした記事になっています)

①健康である

これが何よりも一番大事です。
最近の募集では、一次試験(書類試験)で健康診断はなくなりました。
健康診断だけでもお金がかかるので、
2次試験の人から健康診断っていうのはいいですね。

こればかりは生まれつきのものもあるので、
仕方ないところもあります。

が、数値が悪くて何度か健康診断を受けたって人もいました。

女性だと、生理痛が重いとか、
婦人科系の病気で引っかかる人も。
ただし、少しでも病気があったり、
健康診断の数値が悪かったりするとだめなのかというと、
そうでもありません。

「条件つき」で合格する人もけっこういます。
派遣期間中も定期的に現地の病院で検査を受ける必要がある人のことです。

ただし、あなたと同じくらいのレベルの人が面接に来たとして、
最後に比べられるのは健康です。

②適応能力、ストレス耐性

海外生活、ましては途上国生活はストレスの連続です。

英語が通じない、日本人がいない、
差別を受ける、食事が合わない、
不衛生、虫が多すぎる、
現地人とコミュニケーションがとれない、、、

そんななか2年間くらし、活動しなければいけません。

ましてや日本みたいに物事は進んでいきません。

そんなときこのやり方が正解!と思い込み、押し付けるのではなく。
その土地の習慣をある程度理解したうえで進められる人。
ときにはまあいっか。で納得できるくらいの余裕があるといいのかなと。

また、現地の人にとっては協力隊の行い=日本人のイメージとなります。
なので無事に2年活動を終えられる人、
現地の人や生活でJICA規定外の問題を起こさない人。

これも重要です。

③親、会社の理解。

意外とみられています。
面接で聞かれるし、
書類にも書かされます。

JICAとして絶対避けたいこと、
合格した後に親や会社から反対され、結局辞退されること

また、退職するうえで企業に迷惑がかかることは必須ですし、
帰国後就職できない人がいるのも問題です。

なので受験段階で、
親は応援してくれているか?
会社はあなたが辞めて困らないか?
退職しなくてすむ方法はないか?

などど聞かれます。

現職参加なんかは受かりやすいです。

私は退職参加ですし、受験段階では親にも会社にも伝えていませんでした
それでも合格できたので、必須ではないと思いますが、

JICAとしては親も応援してくれている人の方がいいですよね。

④志望動機、やる気

どうして協力隊に行きたいのか、行って何をしたいのか。
特に新卒や若い人ほど、まだまだスキルは少ないです。
でも、若いからこその体力、やる気、柔軟性があります。
特に専門性の少ない職種ならアピールしましょう。

⑤スキル・経験

ここがどれほど大切かは職種によります。
求められる専門性が高く、倍率が低い職種ならば
ここが突き抜けていれば受かる可能性も。

⑥語学力

応募条件はTOEIC330点ですが、
実際この点数で受かる人は少数です。
人気のある職種ほど、必要です。

ちなみに私は環境教育で660点で受かりました。
そしておそらく300点台の人は落ちていたかと。。。

実際現地ではマイナー言語を使う可能性も高いですが、
受験段階では必須です。

まとめ

個人的に①②はかなり重要です。
いかにほかの分野で優れていても
①②が不十分だと厳しい。

残りの3つはバランスが大事。

応募を考えているみなさん、応援してます!!

2 件のコメント

  • SAKKOさん
    こんにちは。はじめまして。2017年度の秋募集に応募予定の者です。応募にあたり、SAKKOさんのブログにたどり着きました。そして、とてもとても参考にさせていただいてます☆

    ところで、生理痛がひどいとありますが、第一次選考の問診票には、生理痛の有無の記載はどうされましたか?正直に 有 とかき、常備薬にイブと記載された上で、合格され、2次選考へと進まれたのでしょうか?

    私は 生理痛はそれほどひどくありませんが、あるかないかと言われたら、やはり、2日程度、若干腹部の違和感は感じます。この場合、生理痛有、無、が、どの程度、一時審査の合否に影響するのか気になっています。

    もしよろしければ、こちらのコメントか、直接メールアドレスにお返事いただけませんか?お忙しい中恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします☆

    • ニッフィーさん
      こんにちは!初めまして!
      ブログをお読みいただきありがとうございます。
      参考になったという感想、とっても嬉しいです。
      先ほど直接メール送らせていただきました^ ^
      また何かありましたらお気軽にご連絡ください。(^ ^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    SAKKO

    1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス