【体験談】品川近視クリニックでICL手術(視力矯正)を受けて視力が0.05→1.5に!料金や流れも紹介!

こんにちは!さっこです。

昨年、ずーっと受けたかったICL手術(視力矯正の手術)を受けてきて、視力が0.05→1.5になりました!

小学校3年生で視力が悪くなり、12歳からコンタクト生活だった私にとって、ずーっとずーっとやりたかったこと。

 

結論、本当に最高・・・!勇気をだして受けてよかった・・・。

コンタクトの購入の手間、毎日の装着と外す手間、装着時のドライアイやゴロゴロした感じなどの不快感からも解放されて最高です。

私の人生のベスト3に入るくらいの自己投資になりました。

この記事では

  • なぜICL手術をうけたのか?
  • 実際にどんな流れで料金は?
  • 術後どう?リスクはあるの?

 

など気になることをまとめてみました!

視力矯正が気になっているけど、怖くて勇気が出ない・・・実際にどうなの?と思ってなかなか踏み出せていない方にみて欲しいです。

 

品川近視クリニックでICL手術!料金はいくら?

 

品川近視クリニックでICL手術を受けた料金は両目で50万7千円(税込)でした!

 

ちなみに地方在住の場合交通費補助があったのでここから一万円返ってきたので正確には49万7千円ですね。

視力が−5D以下・乱視なし・オプションなし、紹介割引適用(3万円引き)です。

 

もし興味がある方、私も紹介できるのでぜひTwitterのDMかこちらのお問合せからご連絡ください^^

  • どこのクリニックで受けるのか?
  • 自身の視力
  • オプション

によって価格は変わります。

ICL手術の相場は40万〜70万ほど。

 

年間のコンタクト代が3万〜4万円ほどかかっていたので、10年ちょっとで元が取れる計算です。

何より、日々のコンタクトの装着・管理・ゴロゴロ感から解放されて本当にストレスフリーで最高です!

 

なぜ視力矯正手術(ICL手術/レーシック)を受けようと思ったのか?

そもそもどうしてレーシックやICLなどの視力矯正手術を受けようと思ったのか?理由は以下の3つです。

  1. 震災などのリスクを考えると見えない状態の方がリスク
  2. できるだけ身軽に生きていきたいから
  3. コンタクト装着もリスクはあるから

震災などのリスクを考えると見えない状態の方がリスク

一番の理由は、万が一の震災に対してのリスクです。私はコンタクトの度数が−8.5という強度近視で、視力検査の一番上の見えないくらいの視力です。

本当にメガネを探すときは手探りでのびたくんの状態なんです。万が一、寝ている時に地震が起きたら・・・メガネ探している間に死んでしまう。。。

避難できてもコンタクトを毎日は厳しいかもしれないし、メガネは度が強過ぎて長時間かけるのもしんどい。。。そんな不安が昔からありました。

 

震災ではなく日々の生活でも、たとえば車を運転している時など、今、コンタクトがぽろっと外れたら本当に死ぬな〜と思うシーンが多々あります。

 

できるだけ身軽に、安心して旅もアウトドアも楽しみたいから

2つ目の理由としては、わたしは日々できるだけ身軽に生きていきたいという考えがあります。

引っ越しも旅もアウトドアも大好きなので、荷物はできるだけ減らすのが自分の中のルールです。

 

青年海外協力隊としてラオスで二年間暮らしていたのですが、出発前なんて、スーツケースの4分の1がコンタクトでしたからね・・・・(それでも半年分しか入らない)

あの時ほど目がよかったら!と思ったことはありません。もっと持っていきたい荷物があったのに・・・!!

それ以外でも1週間〜一ヶ月単位で家を空けて旅をすることもこれまで多く、コンタクトが荷物になるのが本当に面倒でした。

 

さらに、私はキャンプや登山なども好きで北陸に帰ってきてからよく行くようになったのですが、衛生も良くないところでコンタクトが不便だと思うことが多々ありました。

キャンプの日の真夜中に見えるはずの星がメガネのせいで見えなくて悔しいことも。

ダイビングもするので、海の中でコンタクトが外れちゃって不便な想いをしている友達を見たこともあります。

 

安心してアウトドアを楽しみたいと思ったことも理由の一つです。

コンタクト装着もリスクはあるから

上記2点で視力矯正したい・・・と思っていたところ、ホリエモンの「め」は大事を読みました。


「め」は大事 (HIU編集学部)

レーシックとかICL手術のような視力矯正が怖い・・・というイメージがある人にぜひ読んでほしい。

ホリエモン自身はレーシックをしているのですが、人間にとって目からの情報は人間の80%、QOLを意識して早めに手術しよう!ということが書かれた本です。

また、レーシックは日本で以前病院のずさんな対応で感染症が起きてしまい、日本では怖い・・・というイメージが広がりましたよね。

この本はきちんと安全性やもちろんリスクについても書かれています。

この本を読んで初めてコンタクトレンズも安全ではないんだ・・・・!と思い、背中を押されました。

 

視力矯正をしないにしても、コンタクトレンズを続けるリスクや眼の大切さが書かれているので、この本を読むと定期検診に行こう!と思えますよ〜!

レーシックではなくICL手術を受けた理由

私がレーシックではないくICL手術にした理由は

強度近視のため、そもそもレーシック対応外

という理由からです。(対応でもICLを選んでいたかもですが)

 

裸眼だと視力検査の一番上が見えない、コンタクトの度数が-8.5の強度近視なので、レーシックは元々対応外でした。
(そしてレーシックだと角膜を削るので怖かった)

 

レーシックは角膜を削ることによって視力を調節する手術。一方ICLは目の中(正確には虹彩と水晶体の間)にコンタクトレンズのような度の入ったレンズを入れる手術です。

ICL手術

引用:品川近視クリニックHP

詳しくはこちらの動画がわかりやすいです。


一度入れてしまえばお手入れ不要!永久コンタクトレンズとも言われています!

ICL手術のメリットは

  • 角膜を削らない
  • よって強度近視でも手術可能
  • 近視戻りなし(レーシックは戻る可能性あり)

 

レーシックは角膜にレーザーを当てて形を調整し、視力を調整します。そのためレーシックのデメリットとして

  1. 一度手術すると元には戻せません
  2. さらに、角膜が元の状態に戻ろうとするので、近視戻りになる可能性があり

 

ICLは個人の視力に合わせてレンズを発注するので、見え方もよりクリアと言われています。さらに、万が一戻したかったらレンズも取り出すことができます。

(と、いっても私の周りにはレーシックをした方も何人もいますが、皆さん大満足な方ばかりなので、レーシックでも全然いいと思っています。)

ICLのデメリットは以下の通り。

  • レーシックより倍近く価格が高い
  • 術後生活の制限がある

 

知名度はレーシックの方がありますが実は、ICL手術の方が歴史は古いそうです。

私が品川近視クリニックを選んだ理由

品川近視クリニック
悩み
ICLに興味があってもどこの医院で受ければいいの?

というのが疑問ですよね。私も実際めちゃめちゃ調べました!

 

私は現在富山県在住ですが、品川近視クリニック東京院で手術をけました。理由としては

  • 症例数日本トップクラス
  • SNSで手術を受けている人を結構見かけた
  • 症例数が多い中ではリーズナブル
  • 交通費補助あり
  • 全国に医院がある。

 

ぶっちゃけ、ICL手術はレーシックと違い認定医の先生しか施術できないので、どこでもあ大丈夫だと思います。富山県でもできます。

ただし、やっぱり症例数の多いところがいいなと。慣れている先生の方が手術時間も短いので身体的負担は少ないですね。

 

品川近視クリニックでは手術時間は20分〜30分、実際のレンズを入れている時間は多分片目5分ちょっとくらいだったと思います。

また、いざクリニックにいると、同じような人がとってもたくさんいるので、仲間がいるようで安心しました。笑

 

お金をどれだけ払ってもいいから最高峰の先生で受けたい!という方はサピアタワーアイクリニックもいいかなあと思います。

70万くらいかかりますが、先ほどのホリエモンの動画にも出ている北澤先生という方がとっても有名な方です。

 

ICL手術に興味が出た!最初の検査から手術までのステップ

ICL手術までの流れはこんな感じ。

  1. 適応検査(無料・4時間くらい)
  2. レンズ到着(一週間くらい)→術日決定
  3. 手術(全部で3時間くらい)
  4. 翌日検診(すぐ終わる)
  5. 一週間後検診(すぐ終わる)
  6. 一ヶ月後検診(すぐ終わる)

 

私は適応検査の一ヶ月後くらいに手術しましたが、日程が合えば全然もっとすぐにできると思います。

 

まずは検査予約

まずは電話かメールで適応検査を予約します。検査は無料なので、興味あったらとりあえず一度検査だけでもするのがオススメ。

普段の眼科の検査よりもかなりしっかり検査してもらえるので、眼の健康状態がわかりますよ!

 

特に混み合っていることもなく、希望日にすぐ検査ができました。(土日は少し混んでるかも?)

 

適応検査のときは三日前からコンタクト(ソフト)をいれることができません。(これが一番辛かった・・・・)

病院によっては検査の二週間前からコンタクトが禁止という病院もあります。私はメガネをかけてると頭が痛くなってくるので、さすがに二週間はむり・・・ということで三日でよかったのも品川近視クリニックにしたポイント。

 

無料検査当日。

検査当日は全部で4時間くらいかかりました・・・これでもか!というくらい視力検査をしました。あとは目のサイズを測ったりもします。

悩み
よくある目に空気当てるやつとか・・・・あれ嫌ですよね。笑

 

終わるとICLかレーシックどちらが合っているか?など説明があります。

この時点でさらに検査(緑内障や白内障の病気がないかの検査)するかどうか聞かれます。(まだ契約ではない)

ちなみにわたしは斜視ですね、と言われました。これまで眼科でいわれたことがなかったのでそういった意味でも検査してよかったです。

 

全ての検査が終了して病気などもなければ改めて手術の希望を聞かれます。もちろんこの日決断しなくてもだいじょうぶ。

確か検査から半年くらいは猶予があったと思います。

 

私は適応だったら手術する!と決めていたのでここで契約の前金19万円を払います。

前金を払って初めてレンズの発注です。

というかまさかの「レンズの在庫があるので今日でも受けられますよ」と言われてビビりましたw

流石にその覚悟はなかったので、レンズを発注してもらうことに。私の場合は五日ほどで届きました。

 

レンズが到着したら連絡がもらえるので、そこで手術日を決定します。私は平日で予約しましたが、土日でも普通に予約がとれる様子。

ただし、ゴールデンウィークなどの長期休暇はやはり人気とのこと。3ヶ月前から手術の予約ができるので長期休暇希望の場合は早めがいいですね。

 

手術三日前

前日までコンタクトは装着可能ですが、できればしない方がいいらしく、わたしは念のため三日前からメガネで過ごしました。

三日前から感染防止の目薬をさします。

ICL手術の処方目薬

無料検査当日でも手術受けられるって言われたけど、この目薬は必要なかったのだろうか・・・笑

 

ICL手術当日

当日は色々制限があります。

  • 化粧禁止
  • 手術の一時間半前から絶食
  • 繊維のでやすい服装禁止

 

病院につくと、簡単な検査をしてすぐに手術でした。いつも待ち時間が少なくとってもスムーズです。手術前はとにかく看護士さんにいろんな目薬をさされまくりますww

最後に医師と面談があって、もう手術です!

手術自体は片目10分くらい?思ったよりもすぐに終わりました。!といっても瞬きしないようにする器具をつけたり、準備の時間もあったので実際に角膜を切ったりレンズを挿入するのは片目5分くらいだったように思います。

 

全然痛くないのですが、切っている様子はわかるw 入れたレンズを固定するときに押されている時が痛いというか、重たい感じです。

個人的には歯医者の方がよっぽど痛いという感じ。

 

終わった瞬間からかなり見えていて感動です!

品川近視クリニック

品川近視クリニックの窓からはっきり街並みが見えて感動した・・・

右目だけ若干ぼやけていたので、ミス?と思ったけどお医者さんには「数日たてば視力は安定する」と言われました。

 

おわったらクリニックで一時間ほど休んで、検診を受けて問題なかったら その日は帰宅です。

切開している状態なので、そこから水や汚れが入ると感染症のリスクがあるため、超ダサい保護メガネを一週間かけなければいけません笑

ICL手術の保護メガネ

夫にウルトラマンみたいと言われました・・・笑

ちなみに寝るときは眼帯。笑

ICL手術の保護眼帯

帰宅してからは、三種類の目薬を一時間おきにさします。

 

ICL手術後

翌日検診一週間後検診1ヶ月後検診があります。

翌日は安定して1.5の視力がありました!!!レンズの度数もピッタリだったようでクリアに見えるし感動です。

一ヶ月は目薬を差し続けなければいけません。

  1. 術後三日は洗顔・自分での洗髪禁止。(美容院のシャンプーはOK)
  2. 一週間は化粧禁止
  3. 目薬は1ヶ月ほど刺し続ける
  4. 一ヶ月は激しい運動禁止
  5. 翌日からデスクワークはOK

という感じです。

 

術後実際どう?

結論、かなり快適で世界が変わります!!!QOL上がりまくりです。本当にお勧め!!!

 

一週間は保護グラスが邪魔ですが、これまでのコンタクトの煩わしさにくらべれば全然平気。朝起きた瞬間からクリアに見えて感動です。

 

副作用としてハローグレア(光の輪のようなもの)は見えます。そんなに気にならないですが。

一週間くらいは目が充血していたり、少し違和感がありました。眼を動かした時にごろっとする感じ。(でもコンタクトほどではない)

2週間ほどすれば全く違和感やゴロゴロした感じもなくなり、普通のコンタクトよりもはるかに快適です!

もう一ヶ月以上たった今は目薬もいらないですし、晴れて裸眼生活です。違和感も眼の乾燥もなく、控えめにいって眼の悪い人みんなにお勧めしたい。

特に私のように強度近視で悩んでいる方。本当に少しの勇気で世界が変わりました。

 

デメリットとしては

  1. 高い
  2. 化粧禁止・保護メガネださい
  3. ハローグレア

 

これくらいかな?

でもコンタクトの人全員とくに私みたいに強度近視の人におすすめしたい・・・・!!!!

 

ICL手術はこんな人にオススメ!

特にオススメなのは

  1. 強度近視で裸眼が本当に見えない人
  2. 旅・アウトドアが好きな人
  3. コンタクトの不快感が気になる人

 

旅好きの方ならわかってくれると思いますが、荷物にコンタクトとメガネがあるってめちゃ不便ですよね・・・。これが海外旅行や長期留学ならなおさらです。

海外に行く前にうけたかった・・と心から思いました。

 

そして私のように強度近視だと、本当に全く見えないんですよね。夜中に地震が起きたら、メガネを探している間に死ぬわ・・・。と思ってました。

ましてやメガネで避難生活も厳しい。

さらに、ホリエモンの本を読んで思ったのですが、もちろんICLもレーシックもリスクゼロではありません。

感染症対策をしっかりしなければならいですし。かといってコンタクトレンズだって安全なわけではないんです。

角膜内皮細胞が減っていきますし、清潔にしておかないとトラブルにもなります。ドライアイや不快感だって、炎症も起きますよね。

 

コンタクトをつけている以上、ノーリスクではないんです。それならこれからの人生、居心地良い方がいいんじゃないかあなあと。

実際の手術は自己責任になりますのでご自身でもよく調べてみてくださいね^^

品川近視クリニック ICL手術体験談 まとめ

品川近視クリニックでICL手術を受けた体験談に関してでした!

もし気になるかたが入れば、ぜひ検査だけでも受けてみることをオススメします。

 

また、品川近視クリニックを選ばれる際は、紹介クーポンを発行できますのでお気軽にご連絡ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です