むくわれた人生の投資と決断ランキング。

人気ブロガー宮崎大輔さんや
ちきりんさんが過去に

報われた!人生決断と投資ランキング
というものを過去に行っていたので
私もやってみました。

基準は時間×お金×今にどう生きているか

ランキング形式で書きます。

10位 カンボジア・ベトナムスタディツアーに参加

大学卒業旅行シーズン
私は友達との旅行ではなく
一人でJAEFという団体のツアーに参加。
10日間カンボジア・ベトナムへ

このツアーで見た、
エイズの村、
ごみ山
そこで生活する人物乞いの人

意識の高い現地大学生、、、

全てが刺激的。
毎日みんなでその日感じたことをシェアして
意見を話し合って

そしてこのメンバーの一人が
協力隊に参加したのがきっかけで
私も応募する決意ができました

他大学、全国に友達が増えるのも
とってもよかった

9位何もないけど豊かな南の島ツアーに参加したこと

価値観を変えた経験ランキングなら
ダントツ1位

フィリピンのセブ島から船で30分
カオハガン島

何もないけど豊かな南の島
と呼ばれているその島は
幸せとは何か?豊かさとは何か?
持続可能な発展とは??

考えさせられた1週間でした

私のなかで全ての価値観が変わったなー
途上国に住みたいと思ったのもこの時から。

8位大学で英米コースを選んだこと

私はまじで落ちこぼれでした。
課題ができずみんなの前で怒られ号泣したことも笑

文学が好きかといわれると未だに疑問ですが。笑

でも大学という堕落してしまう人もたくさんいるなかで
モチベーションとやる気にあふれる仲間に
囲まれて過ごせたのは
今思うと幸せでした。

海外に興味ある人ばっかりだから
自然と海外にいくハードルが下がった。

7位大学時代から日記を続けていること

毎日書き始めたのは大学だけど
中学生のときから定期的に書いている日記

書くことでとてもすっきりするし、
振り返って、ああ、頑張ってたなーーとか

このころに比べれば
今の悩みなんてちっぽけだなーとか

私にとっては今やなくてはならないものです

今は5年日記というものを使っていて
もう4年目

5年分の同じ日付の日記が同じページでよめ
とってもおもしろいです

6位 県外の国立大学を選んだこと

私はとっても人見知りです。
高校の時クラスがえのたびに馴染めなくて
とってもつらい思いをしました。

でも地元をでたい!!と思って。
知り合いがゼロのところから大学時代に
大好きな仲間がいっぱいできたことは
当時の私の自信につながりました。

本当はほかに行きたい私立大学がありましたが
金銭面上あきらめました。

でも今思うと都会のマンモス校よりも
少人数制の授業を受けられる
地方国立大学でよかったと思います。

そして何より地元の良さがわかりました。

4位 大学祭実行委員会にはいったこと

先輩がすき、という超単純な理由で
はいった大学祭実行委員会

サークル、バイトと
いろんな楽しみかたがある大学生活の
かなりの時間を割きました。(2年制ですが)

ただただ楽しいサークルじゃ物足りなくて。
これがなかったら私の大学生活は相当つまらないものに
なっていたでしょう。

みんなでイベントを作り上げるって
こんなに楽しいんだ―と

つらいこともたくさんあったけど、
やっぱり仲間がたくさんできたのが何よりうれしかった。

そして人生初のリーダーというものを
やらせてもらって

私はやっぱりリーダーには向いていないけど
でも達成感でいっぱいでした。

この経験があったからなんとなく
自分の中で就活も不安じゃなかったです。
ネタあるし!みたいな笑

3位中学、高校とソフトテニス部に入ったこと

もう私の人生の原点です。
ソフトテニスが大好きだったんです。。。
最近は全くできてませんが

中学生だったころの悩みの大半は部活のことでしたが笑
休日もみんなでテニスしてたほどでした。

高校も進学校でしたが勉強そっちのけで
部活に明け暮れる日々でした。。。

目標の大会成績が叶わなかったのが残念

つらい時をともにしたメンバーは後の人生の財産になる」
このときの顧問の先生の言葉の意味が今よくわかります。

地元に帰るたびにみんなに会って
元気をもらって。
このときほどつらい経験はもうないだろうなー
と思うと頑張れます

2位神奈川で一人ぐらし、都内で営業の仕事についたこと

生まれて初めて
親の反対をおしきり自分で決めた就職先。
出来たばかりのベンチャー企業。
しかも営業職。

自分で決めた道なら後悔しない。
自分の直感は正しい。

こう心から思えるようになりました。

そして人見知りだった私が日々営業、なんて。
みんなに驚かれましたが、
やってみればできるものだなあと。

そんなに成績が良かったわけじゃありませんが、
大好きなお客さんに
私が担当だからここまで協力した、
と言われた嬉しさは忘れられません。

社会人としての基礎とか、飛び込み営業で精神力とか、、、
鍛えられました。

1位海外留学したこと

短期留学でしたが、
3週間、2か月の二回参加しました。
1度目で海外にいく、外国人と関わる、
というハードルが自分の中で下がって

2回目で海外を一人で旅する、
というハードルが下がりました。
英語の日常会話も少しできるようになった。

この海外経験がなければ気軽に旅とかいってないし、
スタディツアーにもいってないし、
今協力隊にもきていない。

お金も時間もかかったけど
本当に参加してよかった。

まとめ

今回このランキングには協力隊生活は書いていません。
帰国した後振り返って何位になるのか、
私の人生でどう位置づけられるのか
楽しみ。

振り返ると
違う場所に言ったこと
仲間と何かやり遂げたことがほとんど

そして投資ランキングでしたが
順位をつけるのが難しかった。
投資、、お金とか時間のイメージですね。

この順位はあってないようなもの。
どれも私の人生にはなくてはならない大事な経験。

価値観が変わったことランキングとかも
今度書いてみようかな。
きっと順位が変わります。

人生に無駄な経験はなにひとつないですね。

これからも経験に
時間とお金を使っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SAKKO

1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス