青年海外協力隊のお金事情のすべて

協力隊って給料もらえるの?

ボランティアにいく!と報告すると
必ず聞かれるこの質問

そこで派遣が決まってから今までのJICA支給金額をすべて公開します

JICAボランティア派遣費用は税金

ボランティアが派遣前訓練が
お金を自己負担することはほとんどない。

応募前の健康診断代、
技術補完研修中のご飯代くらい
訓練、研修などでも交通費~日当支給あり

派遣前訓練(ほぼ全員が受ける)70日間

・手当 月4.5万円/月
・交通費
・渡航準備金(国によって異なる)

訓練中に自分で払ったのは
週末の飲み会代(訓練所でも希望すれば週末も食事あり)
日々の日用品代(洗剤、お菓子、ジュースとか)

img_3632

派遣中(ラオスの地方の場合)

現地生活費(月390ドル)
家賃(月上限300ドル)、
現地業務費(JICAに申請が必要、活動に必要なお金のこと

現地生活費や家賃は
国によって、
また都市と地方によって違う。

p2130542

しかし、私は役所勤務だけど、
同僚(28歳男性)の月給は190ドル

私の任地サイニャブリでは
娯楽がほとんどなく、
買い物も生活最低限しかしないため
生活に十分余裕があります

国内口座

国内積立金5.5万円/月
帰国準備手当   2万円/月 (帰国時一括支給、希望者)
帰国初動生活手当 1万円/月 (帰国時一括支給)

帰国時には200万近くたまっていることになります

しかしここから毎月年金の支払いをしている人も

これ以外でも
病気になってもJICAから治療費がでます
任期中の健康診断代なども支給
これだけ手厚いボランティアはないです

国民の皆さまの税金だということを肝に銘じて
これからも活動していきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SAKKO

1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス