二本松訓練所で辛かった4つのこと

思い返してみれば本当に楽しかった派遣前訓練
本当に貴重な経験
ラオスに来た今も思いだします

でも70日間の間
やっぱり辛いこともありました
今更ながら振り返ってみようと思います

早起き

これがダントツ!辛かったーー
低血圧には辛いんです

6時半から毎日ある朝の集い、ラジオ体操
もちろんすっぴん

毎日運動して一日中夜まで勉強して
休みが週1日で、、、、

しんどかった。。
毎日アラームと戦ってた。。。

ラオ語

わたしは英語圏を希望していました。
英語の伸ばしたいっていうのも
協力隊志望理由のひとつ

だから最初はラオ語へのモチベーションが上がらず
辛かった。。。
IMG_3258

事前学習であるe-learningも適当にこなした私
e-learningだけでなく、
テキスト買って独自で勉強してた他メンバー

ラオス語クラスの中で唯一自分でテキスト持っていなくて
慌てて訓練所で購入

読めないし書けないし本当最初は辛かったなーー
ただラオ語は先生がとっても優しい方なので
授業は毎日楽しかった!

ご飯

訓練所のご飯は美味しい
でもきまったメニュー
健康的だしおかずもたくさん
ずっと一人暮らしだったので
最初は嬉しかったのですが

IMG_3242

なんかねー飽きてくる

居酒屋とかの味が濃い物が食べたくなります
ラーメンとか
揚げ物とか
体に悪い物を欲してた

週末に外食に行ったらその味付けに涙がでそうでした笑

ネット環境

山の上なんです、二本松訓練所
12033242_977106982330736_8168075592732801258_n

あまりにも山の上なので
岳温泉街のことを下界とよんでいた

電話はぶつぶつきれるし
正直ここラオスの片田舎の方が
電波がいい

ちなみに訓練所内はWIFIありです
よくつながらなくなりましたが

人間関係

わたしは班、ラオス語、環境教育のメンバーと一緒に
いる時間が長かったのですが
わたしは幸いにも素敵な人ばかりに囲まれて
すっごく楽しかった!

でも人間関係で悩んでいる人は
やっぱり私の周りでも何人かいました

集団生活、毎日顔を合わせることもある
160人の個性的な人の集まり
班、語学クラスごとの共同の課題もあるので
苦手な人が身近にいるとけっこうしんどうみたい

集団生活といっても
部屋は個室だし
空き時間の過ごし方はそれぞれなので
リフレッシュ方法を自分なりに探すのが
大切かなと思います
img_3632
勉強しなきゃ、、と思ってしまうけど
週末は下山して美味しい物を食べよう!

まとめ

訓練で辛かったこと
早起き
語学
ご飯
ネット環境

そして人間関係

振り返ってみるとたいしたことないですね
毎日楽しかったので、
あえて挙げるとこの4つプラス1つ

でも大切な仲間もできて
ラオスに来た今でもほかの国の子と連絡をとる
帰国したら必ず会いたい

70日間のことは
一生忘れないと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SAKKO

1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス