青年海外協力隊の生活費公開します【女性隊員編】

青年海外協力隊っていくらもらえるの?
実際支給されるお金だけで生活はできるの?

そんな質問をいただいたので
協力隊の生活費についてまとめました。

協力隊は派遣国によって生活費が異なる

基本的に現地の生活水準に応じて
生活費が決められています。

私たちラオス隊員は
月390ドル

ちなみに私の同僚(公務員)は190ドル/月

なので私たちはかなり高給取りです

具体的な内訳

ラオスの通貨はキープ。
10,000キープは約130円です。

食費/月

カフェ代 20万キープくらい(2600円くらい)
お昼ご飯代 20万キープくらい
自炊 50万キープくらい
飲みに行ったり、、、 20万キープくらい

合計110万キープ(14,300円くらい)

コーヒーはローカルなお店に行くと一杯5000キープくらい、
カフェに行くと13000~15000キープくらい

お昼ご飯はローカルなお店で10000キープ
(約130円)

コーヒー代のほうが高い。。。
最近カフェができたので、
入り浸っています。

夜は基本自炊なのですが
市場の野菜なんかはとっても安いです。

光熱費

水道代17000キープ(約230円)
電気代70000キープ(約940円)

通信費150000キープ(約2000円)
(インターネット使い放題)

生活用品など

300000キープ前後(約4000円)

シャンプーとか
ティッシュペーパーとか。

あとはよく自転車が壊れるので笑
修理代とか。

あとパックとか。笑

ラオスに売っているものは
ほとんどタイからの輸入品なので
値段は高め。

ガソリン代

40000キープ(530円くらい)
バイク隊員なので必須

娯楽代

なし。笑

去年はよくサウナいってたけど
一回10000キープくらい。

合計 約170万キープくらい(約22,000円)

ただし、ここで旅行とか行くと
一気にお金使っちゃいます。

これとは別に家賃が250ドル/月
支給されます。
(ラオス地方隊員の上限は300ドル)

スーパーとカフェができて、出費が増えてきた

半年くらい前に任地にできたスーパー。
衝撃的だった。

ラオスの片田舎だと
娯楽もないのでお金を使いません。

物欲もでません。
中国製のものばかりなので
クオリティが低い。

外食も安い。
そしてどこに行ってもラオス料理ばかりなので
飽きてくる。。。

でも少し前にスーパーとカフェができました。

できたときはなんだか寂しい気持ちもありましたが、

ついついスーパーにいくと
今までは買えなかったお酒や
ジュースが買えるようになったので
まとめ買いしちゃったり、

暇なときはカフェに行ってしまったり。
お昼ご飯代の倍の値段のコーヒーも
つい買ってしまいます。

便利で快適なお店ができると
やっぱりお金使っちゃうんだなーと実感。

ラオス一律で390ドルなので
首都や町に住んでいる隊員だと足りないかも。。。

ローカルなお店ばっかり行っていれば
問題ないと思いますが

ついついいろんなレストランやお店があると
行ってしまいますよね。

年に2回隊員総会があるので
首都にいきます。

そのときは住んでいる町で
食べられないものを
思いっきり食べてしまうので
お金がとんできます。笑

それでも日本よりははるかに物価が安い。

家賃と合わせても月500ドルくらいあれば
ラオスの田舎なら生きていけますね。

日本なみの給料稼ぎながら
物価安い国に住めたら
かなり行動の幅が広がりますね。

青年海外協力隊の
すべての支給金額についてはこちらから

青年海外協力隊のお金事情のすべて

2 件のコメント

  • こんにちは。JICA のお仕事お疲れ様です。
    私もラオス在住ですが、インターネット使い放題について教えてもらえますか? 上限無しで使い放題ですか?
    どこの電話会社でしょうか?

    • こんにちは!コメントありがとうございます。私はLaotelecomを使ってます。使い放題は2種類あります。どちらも一ヶ月のプランです。
      ①15GBまで無制限、15GBを過ぎると速度制限がかかるプラン。15万キープです。
      15万キープ分チャージした後、✴︎131✴︎11♯にかけます。②30GBまで無制限、30GBを過ぎると速度制限がかかるプラン。25万キープです。25万キープ分チャージした後、✴︎131✴︎12♯にかけます。unitelも使い放題があるらしいのですが、そちらは使ったことがないのでわからないのですが、、、私はいつも速度制限がかかるのですが速度制限がかかっても動画も視聴できます。参考になれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    SAKKO

    1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス