アジア最後の秘境 古都ルアンパバーンの魅力

アジア最後の秘境と言われているラオス

そのなかでも最も美しい町とされている
古都ルアンパパーン。

ルアンパバーンは町全体が世界遺産

ラオスに住んで半年
もう何度も訪れている大好きな街です。

ラオスに来た際はぜひ!

ルアンパバーンとは?

ルアンパバンはランサン王国(1353-1975)の王都で、
古くはムアン・スワといい、その後シェントーン と呼ばれるようになった。

カーン川とメコン川の合流地点に位置する緑豊かな町ルアンパバンは、
その 美しいラオスらしい町並みと、歴史的、文化的遺跡保護の観点から、
1995年、ユネスコによって世界 遺産に指定された。

プーシーの丘から町並みが一望でき、ルアンパバン名物でもある夕陽は荘厳だ

ラオス情報文化観光省より

日本からだと、タイまたはベトナム乗り換えで

ラオスルアンパバーン空港へ
ルアンパバーン空港からトゥクトゥクで市内まで15分くらい

ルアンパバーンの最大の魅力はラオス伝統の建築と、
フランス植民地時代の雰囲気が融合された
穏やかな町並み

IMG_5237 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プーシーの丘から

落ち着いていて親しみやすくて、でもどこか上品。。
歩いているだけで楽しい!

街全体もこじんまりしており、欧米人がカフェでまったり、、
なんて光景もたくさんみれます

メコン川からの夕日も美しい

P2130780

世界遺産ラオス伝統寺院

ルアンパバーンには数多くの寺院があります。

そのなかでも人気があるのが
世界遺産ワットシェントーン
この屋根がラオス寺院の伝統的なスタイル

P2130824

ワットビスンナラート

IMG_5219

ワットはラオ語でお寺の意味

他にも寺院はたくさんあります。
自転車でまわるのもおすすめ!

ローカルなラオスも見れる

街中は観光客がたくさんいますが

少し郊外にいくとがらっと雰囲気が代わり、
街というより村という言葉がしっくりくる場所に。
ラオス人はとても手先が器用です。

機織り

P2130931

ここのお店では実際に機織りを体験できたり、
ここで作っているハンドメイドの商品を買うことができます

藍染

P2130900

ちなみにインディゴが藍染っていう意味なのを
ラオスに来てはじめて知った笑

安くて可愛い雑貨がたくさん

毎日17時ごろ~から開かれている
ナイトマーケットでは可愛いラオス雑貨がたくさん!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歩いているだけで楽しい!

IMG_5246

あとはラオスコーヒーやココナッツオイルなんかも安く買える
値下げ交渉するのも楽しい

ナイトマーケット以外でも街中には雰囲気のよい
雑貨屋さんがたくさん

P2130532

P2130889ぜひのぞいてみてください

雰囲気の良い美味しいレストランが多い

ラオス料理の主食はもち米

ご飯ものが多く日本人の口にも合う

辛い料理もたくさんありますが、ルアンパバーンには
外国人向けに辛さを調節してくれるレストランもたくさん

お店は町並みに合わせた雰囲気の良いお店ばかり
またフランスの影響をうけフレンチのお店もたくさん

P2130793写真じゃ伝わらない。。。笑でも素敵なお店が本当たくさん!

朝ごはんにはカオチー・パテーと呼ばれる
フランスパンに野菜やお肉などをはさんだサンドイッチがおすすめ。

15
道ばたの屋台で買えます。

そしておしゃれなカフェがたくさんあります。
観光に疲れたらコーヒーやフルーツスムージーを。

 お勧めの過ごし方

ルアンパバーンのおすすめの過ごし方は慌てずのんびり過ごすこと
町全体もこじんまりしていて、2日から~3日あれば中心部は回れます。

メコン川沿いのカフェでまったり夕日をみたり

ラオスビール飲んだり

まだまだ知名度は低いので他の国に比べると
人もそんなに多くありません。

(欧米人のバックパッカーはかなりいますが)
のんびり癒されたい人、秘境を体験したい人
ぜひルアンパバーンにお越しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SAKKO

1990年石川県生まれ。 2012年3月に大学(言語文化学科)を卒業し、神奈川県で3年間医療関係会社で営業の仕事をしたのち、青年海外協力隊参加。 隊次:平成27年度2次隊 職種:環境教育  派遣国:ラオス